お知らせ

What's New

虫歯になり、治療のために歯科に行くと「歯の神経を抜きましょう」と言われることがあります。

なぜ神経を抜かなければならないのか、その理由がよく分からず言われるがまま治療に入ってしまうことも少なくありません。

そこでここからは、虫歯の治療で神経を抜く理由と神経を抜くデメリット、神経を残せる可能性が高い治療法について解説します。

神経を抜くとは?

「歯の神経を抜く」と歯科で聞いたことがある人は多いでしょう。よく耳にする歯の神経とは「歯髄」のことを言い、歯を断面から見ると象牙質に囲まれている位置です。

そして、歯髄を抜くことを「抜髄」と呼びます。

神経を抜く=抜髄

歯科で「神経を抜きましょう」と言われた時には抜髄を行うということです。

神経の役割

歯髄は、神経組織と血管で構成されており、その役割は以下の通りです。

  • 歯に栄養や水分を送る
  • 歯に加わる刺激を神経組織を通して脳に伝える

歯髄があることで虫歯になった時の違和感や痛みを感じることができ、虫歯に気が付きやすくなります。

虫歯で歯が痛くなるのはとても辛く嫌な感覚です。抜髄すると虫歯などで生じる痛みが感じられなくなる一方で、歯のトラブルに気付きにくくなります。気が付いた時には虫歯が大きく進行しているということにもなりかねません。

なぜ虫歯になると神経を抜くの?

歯髄には大切な役割があり、歯髄を残した方が良いのは明らかです。しかしなぜ虫歯の大きさによっては抜髄を行わなければならないのでしょうか?

虫歯が深くまで進行し原因菌が歯髄にまで感染すると、歯痛を伴なう歯髄炎を引き起こします。

歯髄炎が進行すると回復が難しくなり、そのまま歯髄を放置することで歯髄の炎症は悪化。さらに放置すると、歯だけでなくあごの骨にまで細菌が広まり、感染拡大する恐れもあるため、多くの場合で抜髄を行います。

神経をとることのデメリット

抜髄はなるべく避けたいですが、虫歯の進行具合によっては抜髄せざるを得ない場合があります。

では、抜髄すると具体的にはどのようなデメリットが生じるのでしょうか。下記で詳しく解説します。

歯が弱くなる

歯髄は神経組織と血管でできており、歯に栄養と水分を送りますが、抜髄した歯には栄養が送られないため、歯が死んで脆くなります。

歯が変色する

抜髄すると歯に栄養が行き届かなくなり、歯の象牙質にあるコラーゲンが変性することにより徐々に白から茶色、黒色と変色することが多いです。

痛みを感じず虫歯に気付きにくい

前述しましたが、抜髄すると痛みを感じることがないため、歯にトラブルが発生してもなかなか自分では気が付けません。そのため、歯が痛くなったり穴が開いたりする前に定期健診を受けることが大切です。

ドッグベストセメント治療という方法も

ドッグベストセメント治療をご存じでしょうか。アメリカ発の歯をあまり削らず、自然治癒力を生かした従来の方法とは全く異なる新しい治療法です。

すべての虫歯を削るのではなく、治癒が望める部分は残し、殺菌力のあるドッグベストセメントペーストを塗布。殺菌成分が浸透することで虫歯菌を死滅させるため、従来よりも削る範囲が少なく、抜髄を避けられる可能性も高くなります。

すべての虫歯に有効ではないので、治療に入る前に問診やレントゲンなどの検査を行い、ドッグベストセメント治療が適用であるか慎重に診断することが大切です。

こちらの記事でもドッグベストセメント治療の流れなどを詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

ドッグベストセメント治療ならうえくさ歯科へ

うえくさ歯科では、なるべく歯や神経を抜かない治療をコンセプトにしており、ドッグベストセメントはそのコンセプトにフィットした治療法と言えます。

ただ、ドッグベストセメント治療は高度なトレーニングを経験し虫歯状況の見極めや薬の使い方を熟知した歯科医でなければ治療できないため、どこの歯科でも受けられる治療法ではなく、日本で行える歯科は少数です。

ドッグベストセメント治療に興味がある方、できるだけ歯を削らず抜かずに長持ちさせたいと考えている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

診療時間

8:30~18:00

休診日: 日 月 祝
● 祝日がある場合月曜振替え有り

診療カレンダー

● カレンダーの は休診日です。

診療にお越しの患者様へ

東京都大田区山王2-17-3 m'sSANNO 1F

JR京浜東北線「大森駅北口」より駅徒歩5分。駅北口の出口から山王・大森貝塚方面(左)へ。階段を上り右へ。一つ目の山王口交差点を左折し、ジャーマン通りを直進します。山王交番を50mほど進んだところの左側の建物です。

TEL 03-6303-7452