お知らせ

What's New

歯並びが気になる方で歯の矯正を考えている方も少なくないでしょう。歯の矯正で想像しがちなのは金属製のワイヤー矯正ではないでしょうか。ワイヤー矯正は目立ちやすく「ワイヤーの見た目が気になる」「大きな口を開けて話しにくい」などの理由で歯列矯正をためらっている方もいるでしょう。そんな方でも治療が始めやすいのがインビザラインです。ここではインビザラインの特徴からメリットデメリットまで詳しく解説していきます。

インビザラインとは

インビザラインとはアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正歯科装置のひとつです。

インビザラインは金属製のワイヤーの矯正方法と異なり透明で薄いため目立ちにくいなどの特徴があります。

インビザラインのメリット

インビザラインはワイヤー矯正とは異なる特徴が多くあります。ここからはインビザラインを使用するメリットを解説します。

装着時に目立たない

ワイヤー矯正は歯の表面に金属が取り付けられるため食事で口を開けたり喋ったりすると矯正器具が目立ちやすい特徴があります。一方インビザラインは透明で薄い素材が使われているため、装着時に目立ちにくいメリットがあります。仕事で多くの人と関わる機会がある方、口元を見られるのが気になる方でも治療していることがわかりにくいため、歯列矯正のハードルを抑えられるでしょう。

治療計画が事前に確認できる

インビザラインの治療では「クリンチェック」と呼ばれる治療作成支援ソフトで治療開始から完了までの歯がどのように動くのか3Dシミュレーションを行い確認できます。歯の動きのほか矯正に必要な費用や期間、マウスピースの枚数が治療開始までに予測できるため、安心感にもつながります。

(あくまで目安であり個人差があるため、治療開始時の治療計画と実際の治療内容は異なる場合があります。)

インビザラインでは最初に歯型を作ったら、シミュレーションした歯の動きに合わせて装置を作製します。そのため、歯型を採取するのは最初のみ。歯型を採取するのが苦手な方にも負担が軽減され歯型採取のための時間も短縮できます。

行動制限がほとんどない

ワイヤー矯正では金属製のワイヤーで歯を固定しているため、以下のような行動を避けた方がよいとされています。

  • ガムやキャラメルなど粘着性の強い食べ物を食べる
  • カレーやミートソースなど装置に色が付着しやすい食べ物を食べる
  • 繊維質が多い野菜など装置に挟まりやすい食べ物を食べる
  • せんべいなど硬い食べ物を食べる
  • レスリングなど接触スポーツをする

一方インビザラインは取り外しが可能なため、硬いせんべいや繊維質が多い野菜が使われている料理も我慢せずに楽しめるのがメリットと言えるでしょう。また、体を動かすスポーツにも思いきり取り組めます。

口内炎の心配が少ない

金属製のワイヤーで歯列矯正する場合、硬い凹凸が口の中と触れ合うことで口内炎や口の中を切るなどのトラブルを避けるのは難しいでしょう。インビザラインは薄い素材のマウスピース型なので、金属製のワイヤーと比べて口の中のトラブルを回避できます。

金属アレルギーでも使用できる

インビザラインは金属が使われていないため金属アレルギーの方でも歯列矯正ができます。「歯並びが気になるけど金属アレルギーが心配」という方に嬉しいメリットと言えるでしょう。

歯列矯正でインビザラインという選択肢も

歯並びが気になるけど金属製のワイヤーで矯正するのは目立つからと躊躇している方も少なくないでしょう。インビザラインは薄い素材のマウスピースタイプのため目立たないのが特徴です。さらに取り外し可能で食事やスポーツの制限がないのも嬉しいポイント。インビザラインが少しでも気になる方は当院にご相談ください。

診療時間

8:30~18:00

休診日: 日 月 祝
● 祝日がある場合月曜振替え有り

診療カレンダー

● カレンダーの は休診日です。

診療にお越しの患者様へ

東京都大田区山王2-17-3 m'sSANNO 1F

JR京浜東北線「大森駅北口」より駅徒歩5分。駅北口の出口から山王・大森貝塚方面(左)へ。階段を上り右へ。一つ目の山王口交差点を左折し、ジャーマン通りを直進します。山王交番を50mほど進んだところの左側の建物です。

TEL 03-6303-7452

初診の方はこちらを必ずお読みください